産経WEST

【メガプレミアム】コンビニ「土下座」事件の一部始終…動画投稿で墓穴、ネットの“捜査力”に追い詰められた狼藉男女

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
コンビニ「土下座」事件の一部始終…動画投稿で墓穴、ネットの“捜査力”に追い詰められた狼藉男女

 「謝って済むもんちゃうで」「こんな店、潰してしまったらええやん」。罵声が倉庫内に響き、店長らは何度も土下座を繰り返した。大阪府茨木市のコンビニエンスストアで9月8日、男女4人が接客態度に言いがかりをつけて謝罪を要求、商品のたばこを脅し取る事件があった。発覚したのは、4人のうち1人が店長らの謝罪の様子をスマートフォンで動画撮影し、インターネットの動画サイトに投稿したことがきっかけ。動画は瞬く間に拡散し、悪質な行為への批判が殺到。ネットユーザーが“捜査能力”を発揮し、個人情報が徹底的に調べ上げられた。一方、大阪府警にとっては、動画は犯行の動かぬ証拠。4人は恐喝容疑で逮捕された。

「謝った方がいいんちゃうん?」

 《午前1時ごろ》

 茨木市横江の「ファミリーマート茨木横江店」に、数人の男女が入店した。数時間前から駐車場に10人ほどが集まって、大声で話をしたり、バイクを空ぶかししたりしていたメンバーだ。そのうち、20代ぐらいの男がレジにいた男性店長(25)に空のペットボトルを突き出し、「水入れて」と要求してきたという。

 「そんなサービスはやっておりません」

 店長は断ったが、男は勝手にトイレに入って水をくみ、他の男女も店内で飲食をするなど、好き勝手な行動を始めた。そして、何人かが商品を購入しようとしたが、堪忍袋の緒が切れていた店長は、これを拒否する。

 「出て行けや。お前ら客ちゃうやろ、出て行けや」

「はよレジ通せ」「なめとんのか?」…「話し合い」という名の恫喝、その心理

「産経WEST」のランキング