産経WEST

汚される戦争遺跡「友ケ島」…ラピュタの舞台と人気も、問われるモラル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


汚される戦争遺跡「友ケ島」…ラピュタの舞台と人気も、問われるモラル

レンガ造りの砲台跡が残り、「天空の城ラピュタ」の舞台そっくりと人気を集める友ケ島=和歌山市

 大阪湾と紀伊水道の境に浮かぶ和歌山市の無人島「友ケ島」。明治から第二次世界大戦まで外国艦船の侵入を阻止するための要塞(ようさい)が築かれ、レンガ造りの砲台跡が今も残る。雰囲気が宮崎駿監督のアニメ映画「天空の城ラピュタ」のようだと若者たちの人気を集める一方、島のあちこちにはごみが散乱する。当時の技術や戦時中の緊張状態を色濃く伝える貴重な「戦争遺跡」で、現代人のマナーが問われている。(兵頭茜)

 明治以降に6カ所の砲台が築かれ、京阪神地方を守る要となった友ケ島。終戦まで一般人は近づくことも許されなかった。砲台の一部は米軍によって爆破されたが、多くは昔の姿をとどめる。全国の要塞砲台で、これほどまとまって原形を残しているところはなく、土木学会の「選奨土木遺産」に選ばれている。

 そんな“戦争遺跡”が近年、アニメ映画の影響で、登場人物にふんする「コスプレイヤー」や若者たちの人気スポットになった。大阪から大学の部活仲間とキャンプで訪れた牧野友哉さん(21)は「インターネットでラピュタに似ていることは知っていたが、戦争遺跡のことはよく知らなかった」。大阪市の会社員、山口真奈さん(23)も「ネットで知って見に来たが、大阪湾を守っていたなんて」と驚いた様子だった。

 和歌山市観光課によると、友ケ島を訪れる観光客数は平成23年度まで1万人台だったが、24年度は約2万1400人、25年度は約3万1600人と急増。それに伴って深刻になっているのが、ごみ問題だ。

ペットボトル、菓子パン袋、生ごみ…なんと「バーベキューセット」「テント」まで放置

このニュースの写真

  • 汚される戦争遺跡「友ケ島」…ラピュタの舞台と人気も、問われるモラル
  • 汚される戦争遺跡「友ケ島」…ラピュタの舞台と人気も、問われるモラル

「産経WEST」のランキング