産経WEST

【芸能界唯一のプロ「鉄子」(2)】夢は全駅「乗り鉄」の私、秘境駅で一人寝し始発に(笑)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【芸能界唯一のプロ「鉄子」(2)】
夢は全駅「乗り鉄」の私、秘境駅で一人寝し始発に(笑)

 古谷 軽々とカートを押しているように見えますけど、あれ実は40キロ余りもあって、揺れる車内で動かすのは意外と難しいんです。新幹線は16両編成。このうち4~6両を往復します。のぞみは東京から新大阪まで2時間半ですが、こだまは4時間ですから、4時間立ちっぱなしです。

 --とても車窓を楽しむゆとりはありませんね

 古谷 列車が駅に止まる前後20秒間は客室内に入ってはいけないんです。乗り降りするお客さまの邪魔になりますので。デッキで待機するんですが、その時間に車窓を眺めていました。

 --やはり髪はアップに

 古谷 髪をアップにして駅のホームをさっそうと歩く姿を見てあこがれました。ちょっとCA(キャビンアテンダント)っぽいですよね。「写真を撮らせてください」と言われたこともあります。お断りしますが。

 --自由な時間には何を

 古谷 ほとんど旅行していて家にいませんでした。JRの6割は乗りましたが、夢はJR全線に乗車して全駅で下りることです。

 --なかなか到達しづらい「秘境駅」もあります

 古谷 寝袋をかついで秘境駅も回りました。JR四国の土讃線のスイッチバックの秘境駅があります。坪尻駅(徳島県三好市)というのですが、1日の平均乗降客数が1人だと聞いて、その1人になろうと思ったんです。「駅寝」というんですけど、寝袋に入って駅で寝ました。駅と言っても立派な駅舎はなく、待合室のようなところでしたが。

 --怖くなかったですか

「産経WEST」のランキング