産経WEST

「給食、まずい」 中学生の相次ぐ不満に手こずる大阪市教委 「ぜいたく」との批判も 悩みに国境はなし? 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「給食、まずい」 中学生の相次ぐ不満に手こずる大阪市教委 「ぜいたく」との批判も 悩みに国境はなし? 

 大阪市教委が中学生の味覚に手を焼いている。平成26年度から市立中学校に本格導入した給食の味が不評で食べ残しを招き、11月の新メニュー導入に向けて生徒による“審査会”を余儀なくされた。内部から「ぜいたくすぎる」と疑問の声があがり、これから中学校給食を導入する自治体からは反面教師にされるという状況だ。米国でも大統領夫人肝いりの「健康的な給食」に反発した子供たちがおかずを捨てる騒ぎが起きており、給食のさじ加減の悩みに国境はないようだ。

4割残飯の学校も

 ミートローフ、タラのムニエル-。大阪市教委は夏休み中、区役所や中学校に生徒や保護者を招き、12品の「新メニュー候補」の試食会を重ねた。

 生徒らは味見をしてアンケート用紙の「食べたい」「どちらでもいい」「食べたくない」の選択肢に印をつけて感想を記入。親たちは「素材の味が生きている」「だしが効いていておいしい」と好評だったが、市教委担当者は審査する子供の様子を心配そうにうかがい、さながらオーディション参加者のようだった。

 大阪市教委は業者が弁当を届けるデリバリー方式を採用したが、食中毒防止などの理由から冷蔵保存された弁当に「おいしくない」と不満が噴出。「学校によっては多いときに4割近くが残飯になる」(市教委幹部)。

人気30万部レシピ拝借、ふた半透明“見える化”、生徒指導…各市あの手この手

「産経WEST」のランキング