産経WEST

【衝撃事件の核心】「包丁投げたら刺さった」はウソ…やきもち夫にキレた妻「不慮の事故死」主張も、判決は「一刺しした」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「包丁投げたら刺さった」はウソ…やきもち夫にキレた妻「不慮の事故死」主張も、判決は「一刺しした」

 「包丁を投げたら夫の背中に刺さって死んだ」。逮捕直後にこう供述し、傷害致死罪に問われた女(41)の裁判員裁判が8月、大阪地裁であった。公判では一転、「夫が背中を向けて近づき、持っていた包丁に自ら刺さった」と“不慮の事故死”を訴えたが、判決はいずれの言い分も不合理と判断。「女が夫の背中を一刺しした」と認定し、実刑を言い渡した。女が勤務する居酒屋を訪れた夫が、他の男性客を接客する妻の姿にやきもちを焼き、言い争いになった末に起きた事件。女は「夫の死を悲しむ妻」として喪に服すように黒いスーツ姿で公判に臨んだが、あまりに不可解な主張は裁判員らに通用しなかった。

「私が投げました」

 事件は昨年12月22日午前1時すぎ、女が勤務する大阪市浪速区の居酒屋で起きた。閉店後、女は男性客への接客態度に文句をつけた夫と言い争いの末、厨房から刺し身包丁を持ち出した。帰ろうと店を出た夫の背中に包丁が刺さり、夫は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 弁護側の冒頭陳述などによると、女は夫に付き添って救急車に乗車した際、救急隊員に状況を聞かれ、「包丁でけがをした。私がやった」と説明。夫の体からすでに包丁が抜き取られていたため、隊員から「包丁はどうしたのか」と聞かれ、「私が投げました」と答えた。

 実は、包丁は女が夫の体から抜き取り、店の厨房に放り投げていた。しかし、救急隊員が大阪府警に通報した際、「女が包丁を投げて刺さった」と説明。女を取り調べた浪速署も「包丁を投げたら刺さったのか」「夫を狙ったのか」と追及し、女が否定しなかったため殺人容疑で逮捕した。

 逮捕後、女は夫を狙ったことは否定し、傷害致死罪で起訴されたが、包丁を投げたこと自体は認めていた。実況見分を担当した署員にも「(出入り口近くの)ポスターに向かって投げた」と説明し、包丁を投げた地点も指し示した。夫との距離は実測で約2・3メートル。ただ、この署員は証人尋問で、女の説明について「包丁を投げて刺さる可能性は低いと思った」と証言した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング