産経WEST

レストランに続き…「高校生美容室」三重・伊賀で8日オープン

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


レストランに続き…「高校生美容室」三重・伊賀で8日オープン

美容室を開設するあけぼの学園高の生徒ら=三重県伊賀市

 三重県の県立高校で唯一、総合学科に美容科の授業がある伊賀市川東のあけぼの学園高で、住民を対象とした美容室「Akebono hair」が8日、校内にオープンする。高校生による美容室は県内で初めてで、公立高で設置するのは全国的にも珍しいという。

 美容室に就職後、コミュニケーション能力の不足などから1年で半数が離職する実態を解消しようと、校内の特別教室に設置。放課後の午後4時から約3時間開業し、美容科主任で資格を持つ鴨田公弘講師(46)がカットやシャンプーなどを受け持つ。

 マッサージやヘアスタイルの希望を聞くアシスタントは、美容服飾系列で学び研修を希望した2年生の女子生徒12人が担当。当面は無料で、定着すれば有料化を検討する。

 同校では平成10年4月から美容服飾系列のカリキュラムを始め、2~3年の約50人がヘアカットやパーマ、カラーリングを学び、24年度から、コミュニケーション能力向上のため接客学習や対話訓練も取り入れている。

 2年生の清古知花さん(17)は「気安い生徒同士ではなく、本当のお客さま相手の業務で緊張すると思うが、経験を積み実力をつけたい」。鴨田講師は「美容師の基本では、技術や感性のほか、接客力や職場の人間関係の構築などが大切。この基本を身につけていれば、長く業界で仕事ができる」と話した。

「産経WEST」のランキング