産経WEST

【経済裏読み】「経営失敗経験」買われたシャープ片山元社長は「日本電産」で再生するか…古巣からは恨み節も「3000人も退職させておいて」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
「経営失敗経験」買われたシャープ片山元社長は「日本電産」で再生するか…古巣からは恨み節も「3000人も退職させておいて」

 シャープ元社長、片山幹雄技術顧問(フェロー)の転身が業界で話題だ。日本電産が10日1日付で副会長執行役員に迎え、新設の最高技術責任者(CTO)も兼任、次世代技術の開発を統括する。同日付で会長を兼務する日本電産の永守重信社長兼最高経営責任者(CEO)は、古巣で液晶事業への過剰投資で経営危機を招いた片山氏の「挫折経験」を買ったといわれるが、シャープ社内からは「3千人も希望退職させておいて一人だけちゃっかり再就職か」と恨み節も伝わってくる。

(松岡達郎、織田淳嗣)

口説き文句は「やってみなはれ」

 「(シャープに)いたって邪魔でしょ。こんなおっさん(笑)、陰気臭くディスプレーやっててもしかたない」

 日本電産が今回の人事を発表した8月5日、自宅前で報道陣に囲まれた片山氏は、いつになく饒舌だった。

 片山氏によると、7月下旬、京都で永守社長と面会し、初対面だったが「やってみなはれ」と口説かれて転身を即断したという。

 その後、シャープで高橋興三社長に報告し、了承の上で8月末に退社。9月からは日本電産の顧問に、10月に副社長執行役員兼CTOに就任することになった。来年6月の株主総会で取締役に就く見通しだ。

 転身先について、片山氏は「機械同士が通信で情報をやりとりして高度に制御する『M2M』(MtoM=マシン・ツー・マシンの略)に向かっている時代。機械の動力となるモーターの世界トップメーカーの日本電産だから選んだ」と説明した。

片山氏の自宅は“アクオス御殿”…実は、液晶特許で活躍したアイデアマン

このニュースの写真

  • 「経営失敗経験」買われたシャープ片山元社長は「日本電産」で再生するか…古巣からは恨み節も「3000人も退職させておいて」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング