産経WEST

和歌山になぜ「ソビエト」が… 離島に名称 「そびえる」転じた? それとも“最果ての島”の意味?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


和歌山になぜ「ソビエト」が… 離島に名称 「そびえる」転じた? それとも“最果ての島”の意味?

和歌山県すさみ町沖約1キロにある「ソビエト」。名称がな謎を呼んでいる(近藤豊和撮影)

 日本の領海の範囲を決める基点となる離島に政府が今月名称を付けた中に、「ソビエト」(和歌山県すさみ町沖)と名付けられた岩のような小島がある。なぜ、ソビエトなのか。地元でも由来が不明で、実は周辺海域にはソビエトと呼ばれる3島が存在する。同町では急遽(きゅうきょ)、調査を実施。由来をめぐって諸説が浮上している。(近藤豊和)

 紀伊半島南端を沿うように通じる国道42号沿い。無人駅のJR紀勢線見老津駅近くの小さな漁港から渡し船に乗って「ソビエト」に“渡航”してみた。沖に約1キロ。「ソビエト」は、「沖の黒島」という島の裏側にある。このため海岸からは見えない位置になっている。

 大きさは畳10畳にも満たないほどの「岩」という方がふさわしいような島だった。磯釣りに最適なポイントとして、釣り人らが好んでよく上陸するという。

 この「ソビエト」の近くには別に「ソビエト=図〔2〕」と「沖のソビエト=図〔3〕」と地元で呼ばれる同じく岩のような小島が実はある。最も領海の外縁となる位置ということで、図〔1〕だけが正式に名付けられた。

 政府の総合海洋政策本部(本部長・安倍晋三首相)は今月1日、領海の外縁を根拠付け、離島の日本帰属を明確化するため、名称のない22都道府県の158の無人島に名称を付けた。地元の通称名や地名、方角などが考慮され、ユニークな名称が多かった。中でも「ソビエト」は現在のロシアなどで構成されたソビエト連邦(1922~1991年)を想起させ、話題を呼んでいる。

このニュースの写真

  • 和歌山になぜ「ソビエト」が… 離島に名称 「そびえる」転じた? それとも“最果ての島”の意味?

「産経WEST」のランキング