産経WEST

切手230万円分購入、兵庫県議・自身経営会社から…議会事務局は「問題なし」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


切手230万円分購入、兵庫県議・自身経営会社から…議会事務局は「問題なし」

兵庫県議の水田裕一郎氏(50)=姫路市選出

 兵庫県の水田裕一郎県議(50)=自民=が、政務活動費を使い、平成25年度に約230万円分の切手を自身が社長を務める会社から購入していたことが分かった。支援者に県政報告を郵送するために切手を使ったといい、議会事務局は購入方法に問題はないとしている。兵庫県議会では野々村竜太郎元県議(48)が3年間で約250万円分の切手を政活費で購入していたことが発覚し、問題となった。

 収支報告書によると、水田県議は自身が経営する同県姫路市の海運会社から、20万~30万円分を10回に分けて購入した。取材に対し「会社は日本郵便と契約し、切手やはがきの販売所になった。別の場所で買う理由もないので購入した」と説明。「自分の会社から切手を購入しても問題ないか、事前に議会事務局に確認した」と話した。

 切手は主に約3万人の支援者に県政報告や県議会の広報誌を送るために使ったという。

 議会事務局は「県民から疑義が生じるのはやむを得ないが、政活費で本人や親族が経営する企業から物を買ってはいけないという規定はない」としている。

「産経WEST」のランキング