産経WEST

【ビジネスの裏側】“109”育ちの「もうファストファッションでは満足できない」大人女子を取り込めるか、“新規市場”にアパレル続々の戦略展開

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
“109”育ちの「もうファストファッションでは満足できない」大人女子を取り込めるか、“新規市場”にアパレル続々の戦略展開

「エンフォルド」など“大人女子”ファッションが並ぶ「うめはんジェンヌ」=大阪市北区の阪急百貨店梅田本店

 海外の低価格ファッションに押され気味だった婦人服市場に、かつて109系など若者向けファッションの洗礼を受けた“大人”の女子向け国内ブランドが相次ぎ登場している。流行を取り入れつつ価格を抑えた「ファストファッション」のブームに乗ったものの、品質に満足できなくなった層だ。海外ブランドにひけをとらない上質さや素材感、仕立ての良さを備え、手の届く価格を強みに、新たな需要創出を狙う。

買い回り促す

 阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)4階に一昨年新設された売り場「うめはんジェンヌ」は、若いキャリア女性に人気のブランドが並ぶ。学生時代に、10代後半から20代前半の若年層を狙った東京発ファッション「SHIBUYA109」系を経験した世代がターゲットだ。

 「百貨店で衣料品を買っていなかった30歳前後の消費行動に対応した売り場」と婦人服第一商品部長の武藤千香子氏は話す。

 話題のブランドはバロックジャパンリミテッドが展開する「エンフォルド」だ。厳選した素材と着心地の良さ、シンプルで上品なデザインが支持され、平成24年春のデビューから年々人気が上昇。今秋冬には早くも海外進出を果たす。

 「ルシェルブルー」「ナイン」なども人気が高い。海外高級ブランドと組み合わせても遜色のないデザインと品質を備え、リーズナブル。「別の階で海外ブランドを購入されるお客さまの買い回りが多い」(武藤氏)という。

このニュースの写真

  • “109”育ちの「もうファストファッションでは満足できない」大人女子を取り込めるか、“新規市場”にアパレル続々の戦略展開

「産経WEST」のランキング