産経WEST

【衝撃事件の核心】少女たちは“地獄”に引きずり込まれた…シャブ漬け→売春、監視役も少女の「近年まれにみる悪質な売春事件」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
少女たちは“地獄”に引きずり込まれた…シャブ漬け→売春、監視役も少女の「近年まれにみる悪質な売春事件」

 未来ある少女を食い物にする悪質な事件が、また起きた。兵庫県警は7月23日、売春防止法違反容疑などで、16~39歳の男女4人を逮捕、送検したと発表した。4人はネット上で募った客に少女を派遣する「援デリ」(援助交際デリバリー)を運営。出会い系サイトなどで「簡単なアルバイトがある」と嘘を書き込んで少女をホテルの一室に誘い込み、覚醒剤を吸引させて判断力を鈍らせて売春させていたという「近年まれにみる悪質性の高い売春事件」(捜査関係者)だった。さらに、犯行グループのメンバーだった少女も中心的な役割を果たしていたといい、被害少女らの監視役も務めていたという。少女たちに“地獄”を見せた犯行とはどのようなものだったのか。(桑村朋)

「少女を薬漬けにして売春させた」

 4人は、神戸市兵庫区西上橘通の飲食店経営、夏田満(39)と、住所不定の無職、半渡一成(35)の両被告=いずれも覚せい剤取締法違反で起訴=と、16歳、19歳の少女2人。

 県警の調べに、夏田容疑者は「グループにかかわっておらず、売上金ももらったことはない」と容疑を否認しているが、半渡容疑者は「集めた少女を薬漬けにして売春させた。楽して金もうけがしたかった」と認めている。

 逮捕、送検容疑は、4人は共謀して1~4月、15~20歳の少女ら3人に対し、神戸市中央、灘、兵庫各区のホテルで、30歳と47歳の男性客2人と夏田容疑者の計3人を相手に無報酬で売春させたなどとしている。

 4人が立件されたのは、覚せい剤取締法違反(所持、使用、譲り渡し)が9件。売春防止法違反(管理売春、周旋)が3件。児童福祉法違反(児童に淫行させる行為)が3件だ。ただ、摘発されていない事案も含め、少なくとも20人以上の少女たちを集め、覚醒剤などの薬を使いながら売春の世界に引きずり込んでいたという。

覚醒剤で意識もうろうとさせ

 「携帯電話を装飾する簡単な仕事があります」

「産経WEST」のランキング