産経WEST

夏休みの子供、続々と図書館に… 人気の秘密は読書履歴を記入する「読書通帳機」、〝満期〟にプレゼントも 子供には達成感、図書館は貸出冊数の急増効果

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


夏休みの子供、続々と図書館に… 人気の秘密は読書履歴を記入する「読書通帳機」、〝満期〟にプレゼントも 子供には達成感、図書館は貸出冊数の急増効果

 子供の読書離れを防ごうと、借りた本の履歴が預金通帳のように記入される「読書通帳機」を導入する図書館が全国に広がっている。いつ、どんな本を読んだか記録に残すことで、読書意欲を高めてもらうのが狙いだ。読書の機会が増える夏休み。達成感が得られるうえ“満期”になればプレゼントをもらえる図書館もあり、貸出冊数が急増する効果も出ている。

 貸出点数が倍増

 8月上旬の八尾市立八尾図書館。本をいっぱい詰め込んだ手提げ袋を持つ小学生らの姿が目立つ。子供たちは本を返却すると、すぐさま新しい本を大量に借り、読書通帳機の前に列を作った。

 預金通帳と同じサイズの読書通帳を開き、銀行のATM(現金自動預払機)のような読書通帳機に差し込むと、借りた本の題名や日付が印刷されて出てくる。子供たちは通帳を確かめると、笑みを浮かべた。

 八尾市では「借りた本の履歴を知りたい」という市民からの要望を受け、関西で初めて4月30日に読書通帳機を市内3カ所の市立図書館に1台ずつ導入した。読書通帳は市内の小学生を対象に、これまで約2400人に無料で配布された。

「産経WEST」のランキング