産経WEST

【大阪から世界を読む】高齢者貧困が生んだ韓国「バッカスおばさん」問題の根深さ…BBC報道「人間の温かみ得るのが容易でない社会」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪から世界を読む】
高齢者貧困が生んだ韓国「バッカスおばさん」問題の根深さ…BBC報道「人間の温かみ得るのが容易でない社会」

 高齢の韓国人女性が、高齢の男性相手に売春に手を染めているという。英BBC(電子版)が今年6月、その実態を伝えた。女性たちは滋養強壮剤「バッカス」を販売し「バッカスおばさん」と呼ばれ、中には60歳を超えてから売春婦になるケースもある。BBCは、そうした背景に経済成長に伴い、高齢者層の貧困が増えたことと、韓国社会における家庭のありようの変化があると指摘。高齢者たちを、その犠牲者と呼んだ。慰安婦問題の誤った見方を世界に喧伝(けんでん)する前に、自国のこうした人たちを救ってはどうか。

「高齢女性の手にカネを握らせる…すると事が起こる」

 BBCによると、ソウル市の宗廟公園周辺は、老人たちが集まる憩いの場だ。その中に高齢の売春婦が約400人いるという。年齢は50~70歳代。バッカスという商品名の滋養強壮剤を販売し、多くて一日5千ウォン(約500円)程度を売る。当然、その程度では十分な生活費は得られない。

 BBCが取材したキムさん(71)は自身は売春行為をしていないと否定し、こう証言している。

 「高齢の男性が近づいてきて(バッカスを)購入し、(売春を)提案される」

 記事では、買春する男性高齢者の声も紹介している。60歳のキムさんはゲラゲラと笑いながら、「私たちは男です。だから、女性には興味津々だ。酒を飲み、女性の手に金を握らせる。そうすると事が起きる」と話し、こう続けた。

 「男は女性と関係を持ちたがる。年を取っているかどうか、性的魅力があるかどうかにかかわらず」

70歳でも“売れる”背景…憎き日本はるかに超えた高齢化、半数「年金ゼロ」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング