産経WEST

外人サン、ワカリマスカ? 関空行きはS、神戸や京都に行くのはAでっせ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


外人サン、ワカリマスカ? 関空行きはS、神戸や京都に行くのはAでっせ

 JR西日本は8月6日、外国人観光客や関西の地理に不案内な人に分かりやすい路線名をアルファベットで表す「路線記号」を導入し、路線をイメージカラーで表現する「ラインカラー」を拡充すると発表した。平成26年度内に近畿エリアと広島エリアの各駅で路線図や案内表示板の取り換え作業を順次始める。

 「路線記号」は、京都・大阪・神戸を結ぶ東海道線を「A」、大阪を一周する大阪環状線は環状運転の輪を意味する「O」とした。

 東京メトロは銀座線に「G」、丸ノ内線に「M」など頭文字を採用。ラインカラーも基本的に車体色と合わせている。一方、JR西日本は、オレンジ色の車両が走る桜島線が「P」と表記され、ラインカラーに紺色が採用されるなど“ミスマッチ”も生じている。

 JR西日本は「同じ頭文字で始まる路線が複数あるため頭文字の採用を断念し、機械的にアルファベットを振った」と説明。担当者は「鉄道利用に不慣れな方にも定着していくよう努めていきたい」と話している。

「産経WEST」のランキング