産経WEST

「大逆転が可能な学校に」エンパワメントスクール概要判明 大阪府教委

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「大逆転が可能な学校に」エンパワメントスクール概要判明 大阪府教委

 府教委は23日の教育委員会議で、来年度から府立高3校に新設し、小・中学校の学習内容を学び直しできる「エンパワメントスクール」について、具体的な教育方針や各校の特色などの概要を明らかにした。

 エンパワメントスクールは箕面東(箕面市)、西成(大阪市)、長吉(同)に設置し、来年4月に入学する生徒を募集する。高1で中学までの内容を習熟度別で復習し、高2から高校の履修科目を始める予定。学習を習慣づけるため国数英の授業を毎朝各30分間行う。また、独自教材を使う「エンパワメントタイム」では、正解が一つではない課題に取り組み、社会人に必要な基礎力を養う。

 各校本来の特色を生かした教育も実施。箕面東は企業実習やマナー講座などのキャリア教育に力を入れ、西成は地元の中小企業経営者との交流会などを通じて地域との連携を深める。長吉は生徒に近隣の小・中学校に出前授業を経験させ、自信を養わせる方針。

 府教委の中原徹教育長は「『勉強が分からない』と自分を諦めたくない生徒にぜひ来てもらいたい。大逆転を可能にしてくれると思われる学校をつくりたい」と話した。

「産経WEST」のランキング