産経WEST

【衝撃事件の核心】「責任放棄許さぬ」と『コピノ』に訴えられた韓国人男性…韓国の裁判所でさえフィリピン人を支持した

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「責任放棄許さぬ」と『コピノ』に訴えられた韓国人男性…韓国の裁判所でさえフィリピン人を支持した

 この女性の見聞きした話によると、裕福な家庭に育った韓国人男性がフィリピンに留学し、クラブで出会ったフィリピン人女性と恋人関係となり、妊娠。だが、それを知った男性は少しのお金と「キム」という名前だけ残して韓国に逃げ帰ったという。

 フィリピンで子供たちの支援活動を続ける女性は、「問題の根源は、韓国人男性がフィリピンに売春婦や、密通を求めていること」と指摘した上で、こう続けている。

 「韓国は長い間、米国や日本に性的搾取されたと訴えてきたが、経済的に豊かになるにつれ、韓国人男性はフィリピンのような国に行き、(性的被害の)加害者に変貌している」

国家の品格にかかわる問題

 フィリピン政府は昨年、フィリピンを訪れた外国人470万人のうち25%が韓国人で、外国人観光客1位だと推計したという。全員が、こうした男というわけではないが、欲望を剥(む)き出しにした男たちの振る舞いが「嫌韓」感情につながっているのも事実だろう。

 韓国は、世界に「性被害国」であるかのように喧伝し、米国の各地で慰安婦像を建立している。その一方で、自らはいまなお性的加害者であり続けているという現実。いずれも自己都合の、剥き出しの欲が根底にありはしないか。

 朝鮮日報によると、今回の認知訴訟の判決を受け、フィリピンでコピノを支援する団体の関係者は「フィリピンではコピノの問題が反韓感情の引き金になるなど、社会的な問題になっている」とした上で、「韓国の国家としての品格に関わる」と指摘。コピノの実態調査や支援策の検討を求めている。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング