産経WEST

維新府議、政務活動費で不自然支出 閉鎖HP運営に262万円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


維新府議、政務活動費で不自然支出 閉鎖HP運営に262万円

 大阪維新の会の奥野康俊大阪府議(48)=池田市選出=が、平成23年度から3年間、閉鎖されているホームページ(HP)の運営費用として、親族の男性に対し計約262万円を政務活動費から支払っていたことが2日、分かった。費用は相場より高額で、不自然な支出に疑問の声が上がりそうだ。

相場の4倍…親族に支払い

 収支報告書によると、奥野氏は23年5月~26年3月、「広聴広報費」名目で、兵庫県尼崎市の業者に対して、政務活動費から毎月7万5千円を支出。総額は262万5千円だった。HP作成業者の広告などによると、HPの運営費用の相場は月額2万円程度。

 産経新聞の取材に対し、奥野氏は「業者は親族の男性」と説明。「HPは数年前から閉鎖している」といい、現在は無料で使用できるブログなどで活動内容を伝えているという。「親族の男性には、閉鎖しているHPのアドレスや個人のメールアドレスの管理を任せている」とした上で、相場より高額な支出については「サービスに見合った額で問題はない」としており、返還の意思はないという。

 奥野氏は池田市議を4期務め、23年4月に府議に初当選した。

「産経WEST」のランキング