産経WEST

エイドリアン・モス、山崎稜、アンドレ・マレーと基本合意 バンビシャス奈良

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


エイドリアン・モス、山崎稜、アンドレ・マレーと基本合意 バンビシャス奈良

 日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)のバンビシャス奈良は、ディフェンスの要として活躍したエイドリアン・モス(32)と、埼玉ブロンコスのシューティングガード、山崎稜(21)、アメリカ出身のガード、アンドレ・マレー(26)について、来シーズンの契約締結で基本合意したと発表した。

 モスはアメリカ出身で、204センチの身長を生かし、ゴール下でのパワーあふれるプレーでチームに貢献。埼玉県出身の山崎は昌平高校(同県)を卒業後、今シーズンは埼玉ブロンコスで29試合に出場していた。マレーは身長188センチ、アメリカ、ドイツのチームでキャリアを積んでいる。

 一方、チーム一の得点源だったジョー・チャップマン(29)は来シーズン、島根スサノオマジックに移籍。主将を務めた山城拓馬(28)、天理大出身の吉田簡太郎(25)、アンソニー・ブラウン(27)、ジャマー・エイブラムズ(25)は、退団することが決まっている。

「産経WEST」のランキング