産経WEST

イルカが泳ぐ海水浴場 7月から「須磨ドルフィンコーストプロジェクト」本格実施 神戸市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


イルカが泳ぐ海水浴場 7月から「須磨ドルフィンコーストプロジェクト」本格実施 神戸市

 神戸市須磨区の須磨海水浴場でバンドウイルカを自由に泳がせる社会実験「須磨ドルフィンコーストプロジェクト」について、神戸市立須磨海浜水族園(同区)は今夏、本格実施すると発表した。昨夏に続き2回目となる今回は、新たにイルカを飼育するエリア内に人工浮島を設置するほか、イルカと触れ合うことができる取り組みも行う。

 実験は、同海水浴場のイメージアップや地域経済活性化、環境変化によるイルカの行動研究などが目的。昨年は6~7月の49日間行い、同園のバンドウイルカ2頭を、海水浴場東側を網などで区切った約1ヘクタールのエリアで遊泳させた。約6万3千人が訪れた。

 今年は7月1日~8月31日の62日間に拡大。砂浜から浮桟橋を伸ばし、イルカを観察できるよう遊泳エリアに5メートル四方の浮島を設置。浮島でイルカの生態などを学べるパネル展も開く。

 また、イルカに直接触れることができるプログラムも新たに企画し、昨年に引き続き、浅瀬でイルカを観察できるドルフィンウォッチングや海の環境を学ぶ勉強会なども開く。担当者は「浮島で速く泳ぐイルカを観察できるかも」と話している。問い合わせは同水族園((電)078・731・7301)。

「産経WEST」のランキング