産経WEST

【関西の議論】汚職、放火、高級住宅街「宝塚市」がブランド維持に頼る「歌劇」「手塚治虫」「市制」トリプル周年

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
汚職、放火、高級住宅街「宝塚市」がブランド維持に頼る「歌劇」「手塚治虫」「市制」トリプル周年

 「歌劇の街」として知られる兵庫県宝塚市が盛り上がりをみせている。市内に拠点を置く宝塚歌劇団が4月1日に創立100周年を迎え、注目を浴びているからだ。加えて、漫画家、故手塚治虫さんの資料を集めた市立手塚治虫記念館が開館20周年。さらに、市制施行60周年でもあり、市にとって「トリプル周年」の“記念イヤー”だ。市は、関連グッズを作製したり、記念イベントを展開したりと観光客の呼び込みなどに力を入れている。市では近年、現職市長の汚職事件や市庁舎で放火事件が発生するなど暗い話題が相次いだだけに、イメージアップに躍起だ。 (猿渡友希)

歌劇と歩んだ歴史

 黒木瞳さんや真矢みきさんら元タカラジェンヌが駆けつけ、宝塚大劇場(宝塚市栄町)で盛大に行われた宝塚歌劇100周年記念式典から2週間たった4月19日。宝塚ホテル(同市梅野町)では、市制60周年記念式典が行われた。

 式典は、市民ら約1100人が参加したほか、歌劇団星組組長の万里柚美(まり・ゆずみ)さんや、宝塚音楽学校の生徒らも参加し、華やかに“還暦”を祝った。

 式典の中で、宝塚歌劇団に市民栄誉賞第1号が贈られた。中川智子市長は「歌劇団は長きにわたり、夢の舞台を繰り広げ、多くの人を魅了してきた。宝塚市は、これからも夢と希望を与えてきた歌劇とともに歩んでいく」と、市と歌劇団の結びつきを強調した。

「産経WEST」のランキング