産経WEST

【芸能プレミアム】どうすれば“怖さ”を出せるか 井上真央「白ゆき姫殺人事件」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【芸能プレミアム】
どうすれば“怖さ”を出せるか 井上真央「白ゆき姫殺人事件」

 小学時代、時代劇に出演したときに初めてファンレターをもらい、今も大切に保管している。送り主は60代の女性。応援していることと『大人になっても時代劇に出てほしいから。(時代と合わなくなるので)できればピアスの穴は開けないで』と書いてあった。「私もずっと時代劇に出たいと思っていたし、その方がショックを受けると思うとできなかった」とほほえむ。27歳の今も彼女の耳にピアスホールはない。

 最近の“小さな幸せ”は、買ったばかりのエスプレッソ・マシンで「今朝はどの味を飲もうかと考える時間」。心優しき自然体の女優は、人の心を大切に歩んでいく。(橋本奈実)

 いのうえ・まお 昭和62年、神奈川県出身。平成17年の主演テレビドラマ「花より男子」で注目を集め、テレビや映画、舞台で活躍中。23年にNHK連続テレビ小説「おひさま」のヒロインに。同年公開の「八日目の蝉」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など数々の賞を受賞。同年末、NHK紅白歌合戦の司会も務めた。27年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主演も決まっている。「白ゆき姫殺人事件」は大阪ステーションシティシネマほかで公開中。

「産経WEST」のランキング