産経WEST

【大阪から世界を読む】障害者ら100人「奴隷」に強制労働…韓国「塩田奴隷事件」“差別の現実”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪から世界を読む】
障害者ら100人「奴隷」に強制労働…韓国「塩田奴隷事件」“差別の現実”

 韓国で障害者が南部の離島に売り飛ばされ、塩田などで長時間労働を強制される事件が今年1月に発覚、「塩田奴隷事件」として社会に衝撃を与えている。事態を重視した朴槿恵(パク・クネ)大統領の指示を受けて、警察が一斉捜索したところ、塩田や養殖場で強制的に働かされていた障害者ら100人以上が見つかった。4年後には、平昌(ピョンチャン)で冬季五輪とともに、パラリンピックも開催されるが、障害者らに対する差別が根強く残る韓国社会の暗部を浮き彫りにしている。(木村成宏)

仲介業者に3万円、足切断…「今度逃げ出したら刺す」

 韓国メディアなどによると、今年1月末、韓国・南西部の全羅南道木浦(モッポ)市から船で約2時間の新衣島の塩田で、強制的に働かせていた知的障害のある男性(48)と、視覚障害者の男性(40)2人が救出、保護されたのが事件発覚のきっかけだった。

 知的障害者の男性は2008年11月、木浦市の職業安定所で知り合った男から、「いい仕事がある」と誘われ、もう一人の視覚障害者の男性は2012年7月に、ホームレス生活をしていたソウル市内の駅で、無許可の職業あっせん業者にそそのかされて、それぞれ塩田に送り込まれた。

 塩田の経営者は、仲介業者に30万~100万ウォン(3万~10万円)渡して2人を引き取り、塩田での作業のほか、農作業や土木・建設作業、家事などを命じて奴隷のように扱った。

 2人には、1日3回の食事と2日に1箱のたばこ、作業服が支給されただけで、睡眠時間は約5時間。冷暖房がない倉庫での生活を強いられていた。

 3度にわたり島からの脱出を試みたが、見かけた島民が塩田の経営者に知らせるなどして連れ戻された。むちで打たれるなどの暴行を受けたうえ、「今度、逃げたら刺すぞ」と脅されたという。

切断状態、ただ働き100人超、1.2億円儲けた業者…4年後パラ五輪の地

「産経WEST」のランキング