産経WEST

【ビジネスの裏側】名古屋「活況」よそに囁かれる“トヨタ一本足経済”の「特殊バブル」崩壊懸念

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
名古屋「活況」よそに囁かれる“トヨタ一本足経済”の「特殊バブル」崩壊懸念

 トヨタ自動車グループが過去最高益を更新し、好況に沸く名古屋。JR名古屋駅前では高層ビル建設が3件同時進行するなど、活況を象徴する光景を目の当たりにするが、地元不動産業界には危機感が募っている。すべてのビルが完成すれば延べ床面積は計約58万7千メートルにも上り、名古屋市内のオフィス市場需給が大変動する可能性が高いのだ。“トヨタ頼み”の名古屋経済が景気動向に大きく左右されることもあり、来秋に予定される消費税率10%への引き上げ後の名古屋経済全体への影響を懸念する声もある。

名古屋駅前がNY・マンハッタンに!?

 JR名古屋駅(名古屋市中村区)に隣接する一等地。2月末、一帯では夜間もクレーンが動く音が鳴り響き、ビル建設工事が着々と進められていた。

 同駅前では平成27~28年に巨大ビルの完成が相次ぐ。三菱地所の「大名古屋ビルヂング」(延べ床面積14万7千平方メートル)▽日本郵便の「JPタワー名古屋」(同18万平方メートル)▽JR東海の「JRゲートタワー」(同26万平方メートル)-の3棟(早い順)。いずれも地上40階前後の複合ビルで、大名古屋ビルには三越伊勢丹の出店が決まっている。

 3つのビル完成で、生まれるスペースはなんと名古屋ドーム12個分。名古屋市は先月、平成40年のリニア中央新幹線開通に向け、「誰にでも使いやすい国際レベルのターミナル駅」を目指すとし、これら民間高層ビルを歩道で結ぶことなどを盛り込んだ「名古屋駅周辺まちづくり構想」の素案をまとめた。入り組んだ地下も含め歩行空間を整備することで、都市再生を目指すとしている。

→→注目の小保方氏会見 全詳報はこちら <会見ライブ・総集編>

 名古屋駅前にはすでに、「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)完成までは世界一高い駅ビルだった「JRセントラルタワーズ」(高さ245メートル)や、「ミッドランドスクエア」(同247メートル)が立ち並ぶ。3つの巨大ビルはいずれも200メートル前後で、「名古屋駅前がニューヨーク・マンハッタンになる」ともささやかれている。

深刻な人材不足…まさか、ビルが建てられない!?

「産経WEST」のランキング