産経WEST

【関西の議論】「日本一汚い川=大和川」が再生している…野鳥、魚の姿、水質改善示す数値も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「日本一汚い川=大和川」が再生している…野鳥、魚の姿、水質改善示す数値も

 「日本一汚い」という汚名を着せられてきた大阪府、奈良県を流れる大和川。近年、水質は改善し、国土交通省の平成24年の全国一級河川の調査では、過去10年間に水質が改善された調査地点の上位4位に大和川が入り、25年の川全体の平均数値では過去最良だった。調査地点付近を訪れると、中州に止まっていた無数の鳥が舞い、岸辺を散策する人たちに安らぎを与えていた。しかし、水質ランキングではここ数年も下位に甘んじている。昭和40年代、生活排水や工場排水、ごみなどで著しく水質が悪化した大和川は再生したのか。(張英壽)

川底に投機…タイヤも見える「清らかさ」

 大和川にかかる遠里小野(おりおの)橋。この調査地点が10年間の改善率で全国4位となった場所だ。大阪市住吉区と堺市堺区の境界になっている。

 初春のある日、この付近を訪れた。

 脳裏にあったのは「日本一汚い川」というイメージ。しかし、そこには白い鳥が中州で羽を休める姿があった。川幅は広く、水深はあまりない。遠くには、路面電車として知られる阪堺電気軌道の橋が見え、時折、電車が通り過ぎていく。鳥たちは一斉に羽ばたき、空中を舞った。ゆっくりと歩を進める首の長いサギも見えた。

 周りには工場が立ち並ぶが、橋の上から川の水を見下ろすと、透明度は高いようだった。

 川辺を散策していた堺市堺区の無職男性(68)は数年前に山口県下関市から引っ越して来たといい、ウオーキングのためによく来るという。「昔は知らないが、水は汚くないですよ。魚も見られるし、カモやサギ、そのほか白い鳥もいる。昔汚かったというのは想像できない」。

 川辺で練習をしていた私立高校陸上部の男子生徒(17)は「浅いところは底まで見える。数えられないくらい鳥の大群も来る」。ただ顧問の男性教諭(29)は、清流として知られる四万十川がある高知県出身で、「四万十川などに比べれば汚い。タイヤもあるし、ごみが多い。ひいてしまいます」と率直に感想を話した。

 川辺にはところどころごみが見えるが、それほど多いという感じもしない。生まれ育ったところで感じ方は違うということだろう。

排水、屎尿、ごみ垂れ流し「どぶ川」だった…流域の下水道は未整備

「産経WEST」のランキング