産経WEST

大阪府ゆるキャラ45体乱立でリストラの危機! 最古参「モッピー」に一本化目指す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪府ゆるキャラ45体乱立でリストラの危機! 最古参「モッピー」に一本化目指す

 エース不在

 府では平成9年の「なみはや国体」を機に、府の鳥モズをモチーフにしたモッピーが誕生した。アサヒ飲料の「十六茶」のCMに出演するなど、府のゆるキャラの中では出世頭だが、25年の「ゆるキャラグランプリ」のご当地部門では、庁内トップとはいえ全国の1245体中923位と低迷。24年には府立花の文化園(河内長野市)の「フルル」は全国ワースト3と散々な結果に。府にはエースキャラが不在で、知名度も低いのが実情だ。

 背景には、キャラクター作りの統一ルールがなかったことによる乱立がある。モッピー誕生後、各部局がキャラクターを公募したり、自主製作したりして徐々に増加。昨今のゆるキャラブームも後押しし、25年度だけでも中央卸売市場の「せりちゃん」、インフルエンザ予防啓発の「マウテ君」や統計課の「おおさか統計調査隊」が新たに誕生した。中には同じ目的で複数作られたケースもあった。

 ルール策定へ

 府が他府県のゆるキャラ事情を調査したところ、回答のあった42都道府県中29自治体で、統一キャラクターを導入していることが判明。熊本県ではくまモンが22年にデビューしてから、それまで10以上あったキャラクターがくまモンにほぼ一本化されたという。

「産経WEST」のランキング