産経WEST

【わが社のオキテ】メタボ解消、減量、禁煙で「賞金2万円」の社員思い…「丸島アクアシステム」が健康管理に“コスト”をかける理由

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【わが社のオキテ】
メタボ解消、減量、禁煙で「賞金2万円」の社員思い…「丸島アクアシステム」が健康管理に“コスト”をかける理由

 従業員数が少ない中堅企業にとって、腕利き社員の病欠は業績を直撃する。水門や橋梁(きょうりょう)製造の丸島アクアシステム(大阪市中央区)は昨年、エース級社員2人が相次いで病気で長期療養し、これをきっかけに社員の健康管理と向き合うことを決意した。まずは予防が第一と、肥満解消や禁煙などに挑戦する社員を募集し、基準をクリアした社員には賞金を与える。島岡秀和社長自身が率先して参加し「楽しく健康に」をモットーに健康管理に取り組んでいる。

社員病欠で決断…楽しく“お節介”

 「健康はプライベートなことと考え、自己管理にまかせていた」。今西俊幸・執行役員管理本部長は後悔しつつ、こう話す。

 昨年、40代前半の働き盛りの社員2人が生活習慣病で療養に入った。幸い2人とも回復したが、2~3カ月の間、業務からの離脱を余儀なくされた。

 今西本部長は「2人はそれぞれ、いろいろな業務をカバーしていたので、抜けた穴は本当に大きかった」と振り返り、「議論の末、会社は社員の健康のため、いい意味での『お節介』をしなければならないと決めた」。

 かくして昨年12月に始めた“お節介”とは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)解消▽体重5%以上減少▽禁煙-の3項目での賞金制度。挑戦する社員を募集し、これらの項目それぞれを達成すると1万~2万円の賞金を支払う。やる気を引き出す工夫だ。

 今年1月末まで募集したところ、約50人の社員が応募。2月から取り組みをスタートさせた。期間は6月末までを予定している。

 体重減少のコースに参加する島岡社長は「失敗してもペナルティーはない。健康管理の意識を高めるきっかけにしたかった」と話す。

太っ腹だけどスリムな社長…率先し水泳・ランニング、工場周辺4キロ歩く

「産経WEST」のランキング