産経WEST

【わが社のオキテ】昼休み3時間「仮眠休憩=シエスタ」制度を実践するITベンチャーの“ポリシー”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【わが社のオキテ】
昼休み3時間「仮眠休憩=シエスタ」制度を実践するITベンチャーの“ポリシー”

シエスタの時間帯にオフィスで仮眠をとるヒューゴの従業員ら(同社提供) シエスタの時間帯にオフィスで仮眠をとるヒューゴの従業員ら(同社提供)

 従業員らに3時間の昼休みを与え、仮眠を推奨する「シエスタ」制度を持つ中小企業が大阪にある。今年で創業10周年を迎えるIT(情報技術)ベンチャーのヒューゴ(大阪市)。日本企業では珍しいこの制度を、同社は平成19年に会社制度として導入した。なんともうらやましいが、日本のビジネス社会にあって仕事に支障は出ないのか。さまざまな疑問を胸に、シエスタ導入の理由をたずねた。

ただいま「休憩中」

 「当社はただいま、シエスタ中です。ご連絡は午後4時以降にお願いします」

 平日の午後1~4時、同社に電話すると受話器からこんなアナウンスが聞こえる。この時間帯は、ほぼ連絡が取れない状況が続くのだ。

 「よく仕事に支障があるのでは、と聞かれますが、あまりデメリットを感じたことはないですよ」

 創業者でシエスタ制度導入を決めた中田大輔社長(34)はこう語る。「少人数の環境下で、仕事の効率化、生産性を高めるのが最大の目的」といい、むしろメリットが多いと説明する。

 同社の業務はインターネットコンサルティング。主に企業などの要望に応じ、課題の解決策となるネット関連の技術・商品を提供する。一例をあげると、検索サイト大手のグーグルなどでホームページが上位に表示されるような支援サービスなどを手がけている。

 ただ、プログラミング作業など、仕事によっては集中力が長時間続かない。おなかが満たされた昼食後は眠くなり、疲れたまま仕事を続けても成果は上がりにくい。「それなら思い切って休み、リフレッシュして仕事に復帰する方がいい」という発想だ。

 「シエスタ」とは、主にスペインで午後1~4時ごろに昼休憩をとる習慣を指す。仮眠に限らず何をしてもよい。そこにヒントを得て「従業員と相談して導入を決めた」(中田社長)という。

「産経WEST」のランキング