産経WEST

こわっ! 新型ATSで設定ミス 20年間速度超過で減速できず JR西

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


こわっ! 新型ATSで設定ミス 20年間速度超過で減速できず JR西

 JR西日本は13日、東海道線芦屋駅と阪和線上野芝駅の分岐器(ポイント)用の新型ATS(列車自動停止装置、ATS-P)で速度設定にミスがあり、電車が制限速度を超えても減速できない状態だったと明らかにした。芦屋駅は制限速度を49キロもオーバーして設定。上野芝駅では約20年間も速度超過が放置されていた。

 JR西によると、芦屋駅では、上りの新快速電車などがポイントを通過してホームに進入する場合、時速60キロ以下で走行することになっていた。しかし、平成11年7月に設置した新型ATSの設定に誤りがあり、駅手前の信号機が青だった場合は、時速109キロで走行しても制御されない状態になっていた。

 また、上野芝駅のポイントは制限速度45キロだったにもかかわらず、6年8月から約20年間にわたり、条件によっては制限速度を22キロ超過したまま走行できるようになっていたという。

 いずれも列車に速度データなどを電波で発信する「地上子(ちじょうし)」と呼ばれる装置に、速度設定のデータを入力しなかったのが原因。

 東海道線の新快速電車の運転席に添乗していた大阪電車区の係長が昨年12月、検査用のモニターに「制限60キロ」と表示されるはずなのに、「制限110キロ」と表示されているのに気づき、今月10日になって「ATSが動作していないのではないかと思われる」と担当部署に報告、発覚した。

「産経WEST」のランキング