産経WEST

大阪・西成がバックパッカーの聖地に!? 〝昭和っぽい〟街並み…簡易宿泊所が外国人のお気に入り

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪・西成がバックパッカーの聖地に!? 〝昭和っぽい〟街並み…簡易宿泊所が外国人のお気に入り

 「あいりん地区」をはじめ日雇い労働者で支えられてきた大阪・西成が、次は外国人によって活気が生まれている。以前から料金の安いゲストハウスなどの簡易宿泊所の人気が高まっていたが、最近は“昭和”の雰囲気が残る街並みが好評だという。昨年1年で12万人以上の外国人が利用。主要駅に近く利便性もあり、2020年東京五輪でさらに利用増が見込まれるだけに、経営者らは「日本に行くならまず西成へ行け、となるのも夢ではない」と期待を膨らませている。

あれこれ世話を焼く住民の人情も魅力

 「木造住宅が多く、難波や心斎橋にはない昔の大阪が残っている。住民も気さくで、すごく気に入っている」。昨年秋から西成のゲストハウスを利用しているイギリス人のソニア・パーキンズさん(28)は街の魅力を強調する。

 このゲストハウスを経営する伊東祐美子さん(35)によると、利用者の約9割が外国人。立ち飲み屋やカラオケ居酒屋といった老舗の商店や、「これも食べてみて」と外国人に気後れすることなく世話を焼く住民の人情が好評で、リピーターも多いという。

 国内では過去の暴動などのマイナスイメージもあったが、メキシコ人のデビッド・シュピラーさん(25)は「治安が悪いなんて思わない。メキシコより安全だよ」と笑い飛ばす。伊東さんは「地元住民も好意的に受け入れている。タイのカオサン通りのように日本のバックパッカー(旅行者)の聖地になれる」と話す。

年間宿泊者数…古都・奈良を超えた

 西成に転機が訪れたのは平成17(2005)年春、あいりん地区の簡易宿泊所の若手経営者が集まって「大阪国際ゲストハウス地域創出委員会」(OIG)を結成したことだ。日雇い労働者の高齢化で経営は厳しくなり、「外国人なら治安を気にせず、低価格を重視するはず」と経営方針を大転換した。

1伯1000円! 奈良にダブルスコア…便利だけど、不「便」!?

「産経WEST」のランキング