産経WEST

「日本酒で乾杯条例」、早くも効果! 京都の出荷量30年ぶりに増加 海外ブームも追い風

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「日本酒で乾杯条例」、早くも効果! 京都の出荷量30年ぶりに増加 海外ブームも追い風

 京都市の「日本酒で乾杯条例」施行後、京都の酒蔵が出荷する日本酒の量が約30年ぶりに増加に転じたことが20日、京都府内の多くの酒蔵が加盟する伏見酒造組合への取材でわかった。関係者は「乾杯条例も追い風になって近年にないくらい日本酒人気が出てきた。海外での評価も高まっている」と意気込んでいる。

 同条例は、日本酒離れが深刻化するなか、日本酒での乾杯を呼びかけようと、全国初の条例として平成25年1月15日から施行された。その後、地元の酒での乾杯を推奨する同様の条例が、約40自治体で施行されるなど、動きは全国に広がっている。

 同酒造組合によると、24年7月から25年6月までに同組合が出荷した日本酒の量は、約1億330万リットルで前年同期比約2%増となった。同組合の出荷量は、阪神大震災の影響で、神戸・灘の酒蔵が出荷できなかったときなどの特別な年を除いて減少の一途をたどっていたが、昭和60年以来の増加だった。

「産経WEST」のランキング