産経WEST

【言葉ってすごいね(5)完】正義の味方はカッコよくなんか、ない…やなせたかしさんの物語

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【言葉ってすごいね(5)完】
正義の味方はカッコよくなんか、ない…やなせたかしさんの物語

 「たくさんの愛と希望、勇気をありがとう」「先生の言葉に何度も励まされました」-。国民的キャラクター「アンパンマン」の生みの親で昨年10月に亡くなったやなせたかしさんの郷里、高知県香美(かみ)市の記念館。献花台に置かれたノートは、来館者が書き込んだ感謝の言葉で埋まっていた。苦難を乗り越えて「生きる意味」を私たちに問いかけ続けた94年の生涯。その思いを受け取った“証し”のような書き込みは日々数を増し、遺(のこ)した言葉が世代を超えて受け継がれていくのを感じさせる。

怖くない、だってアンパンマンが助けてくれる

 やなせさんが作詞した「アンパンマンのマーチ」には、幾多の苦難を乗り越えてたどりついた人生哲学が込められている。

 「なんのために生まれて なにをして生きるのか」

 「そうだうれしいんだ 生きるよろこび たとえ胸の傷が痛んでも」

 軽快なメロディーに奥深い言葉を乗せた曲は、東日本大震災直後の被災地で繰り返し流され、傷ついた人々を勇気づけた。

 ラジオ局「TOKYO FM」のプロデューサー、平岡俊一さん(43)は当時3歳だったアンパンマン好きの娘の姿を思い浮かべ、「被災地の子供たちを笑顔にしてあげたい」と放送を決めたと振り返る。

 「なんだかジーンときた!」「元気が出る」。反響は大きく、やなせさんの元にも「地震があっても怖くない。だってアンパンマンが助けてくれるから」と幼い子供の字で手紙が届いたという。平岡さんは「やなせさんのストレートな気持ちの歌詞が被災者の心に届いたと思う」。

 「やなせさん自身が苦難や逆境を乗り越えてきたからこそ、被災地でも共感を呼んだのでは」。香美市立やなせたかし記念館の事務局長、仙波美由記さん(37)もそう話す。

「産経WEST」のランキング