産経WEST

【ビジネスの裏側】「武田薬品」超大胆トップ人事の“妙”、ライバル外資から社長をヘッドハント…グローバル化の波に背中を押された老舗の「決断」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
「武田薬品」超大胆トップ人事の“妙”、ライバル外資から社長をヘッドハント…グローバル化の波に背中を押された老舗の「決断」

 国内最大手の製薬会社、武田薬品工業が次期トップに外国人を据えることを決めた。長谷川閑史社長の後任に迎えるのはライバル企業の英製薬大手、グラクソ・スミスクライン(GSK)のフランス人幹部、クリストフ・ウェバー氏(47)。驚きの声など反響が大きいのは、世界でも特有な日本企業の文化の中で外国人トップが力を発揮できるかという疑問があるからだ。一方で、他に先駆けてグローバル化を進めてきた武田薬品の大胆人事には期待の声も多い。

日本人幹部では動かせず…

 「非常に驚いた。そういう時代になったのか。マーケットが日本より世界が広くなっている中で、当然のことなのかもしれない」。武田の人事について、大手銀行関係者はこう話す。200年以上の歴史を持つ老舗が大胆な決断をしたことに、経済界では驚きの声が広がった。

 「買収した海外企業を統治する力量が問われていたが、われわれに力がなかった」。一部報道で、長谷川社長は大胆な人事の背景をこう説明する。世界での競争に勝つため、ウェバー氏を「最適な人物」として選んだというのだ。

 「グローバル経営」を標榜する武田は、他社に先駆けて積極的な海外展開を進めてきた。外国人従業員比率は7割、経営幹部会議のメンバー9人中5人が外国人で、取締役会での議論、文書はすべて英語になっている。

 それでも、武田は売上高ベースでは国内最大手だが世界ではトップテンにも入らない。本拠地であり世界でも市場規模2位の日本には、外資の参入が続く。海外での大型M&A(合併・買収)も進めたが、2011年に1兆円超の巨額買収をしたスイスのナイコメッドは欧州・南米を中心に約1万人の社員を抱える巨大組織で、日本人幹部ではうまく動かせなかった。現状では乗り越えがたいグローバル化の波が、決断を促したようだ。

「産経WEST」のランキング