産経WEST

ラーメンで経済活性化!!商工団体と店主がタイアップ「姫路らーめん」マップを作成

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ラーメンで経済活性化!!商工団体と店主がタイアップ「姫路らーめん」マップを作成

 ご当地ラーメン「姫路らーめん」を提供している姫路市内のラーメン店主や商工団体などで平成23年に発足した「姫路・播磨、らーめん・点心応援会」は、市内の姫路らーめん提供店を紹介するマップを作成した。5社の計8店を商品写真とともに掲載し、誘客を図る。

 同会によると、姫路らーめんは、播州地域の地場産業であるしょう油をベースに鶏ガラ、豚骨、野菜で炊き上げたご当地ラーメン。各店に共通したレシピはなく、しょう油にも濃淡があるが、ネギやもやし、チャーシュー、ノリなどのほか、ショウガを載せるのが特徴という。

 マップでは姫路市内の土山などに4店を構える「らーめん八角」や英洋軒(青山北)、「こだわりらーめん弁慶」(下手野)、「らあめんはせ軒」(塩町)、「餃子屋七星」(栗山町)の計8店を掲載。市内に70~80店のラーメン店があるとみられる中でまだ少数派だが、吉留健一会長代理は「少しでも多くの人に姫路らーめんを知ってもらいたい」と話している。

 A4判の2つ折りで、千部を作成。姫路らーめんの提供店やJR姫路駅の観光案内所などで配布する。問い合わせは同会((電)079・284・9304)。

「産経WEST」のランキング