産経WEST

米・韓はじめ“黒船クルーズ”が関西に攻勢 海も割安なLCC時代到来か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


米・韓はじめ“黒船クルーズ”が関西に攻勢 海も割安なLCC時代到来か

 関西のクルーズツアー市場に“黒船”が攻勢をかけている。割安なクルーズツアーを展開する米クルーズ会社、プリンセス・クルーズが来春、神戸港発着ツアーを増強。すでに韓国系海運会社など海外勢が割安ツアーを投入している。日本では客船文化は根づいているとはいえないが、景気回復とともにシニア世代を中心に贅(ぜい)沢(たく)志向が強まっている。海にLCC(ロー・コスト・クルーズ)時代が到来するか注目される。

 プリンセス・クルーズは来年4~9月に神戸港発着のツアーを9本展開する。今年の2本から大幅に拡充し、沖縄や台湾をめぐる11万9千円からのコースを用意。相場の半額以下の1泊1~2万円の割安価格を武器に顧客獲得を狙う。

 同社は今年4月に日本市場に参入し、大型客船「サン・プリンセス」(7万7千トン)を投入して横浜港発着を中心にツアーを提供。「手頃な価格が評判で利用は好調だった」(担当者)という。来年は2隻目となる「ダイヤモンド・プリンセス」(11万6千トン)を投入して路線を拡充する。

 韓国系海運会社のサンスターラインも平成23年秋から「パンスタードリーム」(2万1千トン)を大阪-釜山間で運航している。19時間の船旅の価格は片道2万5千円で、「ちょっと、ぜいたくしたい」という利用者が増えている。

 これに対し迎え撃つ国内勢に危機感が広がりつつある。国内最大の客船「飛鳥II」(約5万トン)を擁する郵船クルーズ(横浜市)の担当者は「顧客流出の心配はある。ただ、相場価格(1泊5~6万円)は下げず、サービスの違いを鮮明にする」と強調する。

「産経WEST」のランキング