産経WEST

【北村理が紐解く災害列島】(9)祇園祭の神は「地震神」だった…社建立地点と断層の“奇妙な一致”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【北村理が紐解く災害列島】
(9)祇園祭の神は「地震神」だった…社建立地点と断層の“奇妙な一致”

 大阪の天神祭、東京の神田祭と並んで日本三大祭りにも数えられる京都の夏の風物詩、祇園祭が来年、49年ぶりに山鉾(やまほこ)巡行を2日間に分けて開催することが決まった。長い歴史と伝統を誇る祇園祭は、平安時代の貞観(じょうがん)11(869)年、疫病がはやったために防疫の神である「牛頭天王(ごずてんのう)」(スサノオノミコト)を祭り、穢(けがれ)を払う祇園御霊会(ごりょうえ)を行ったのが始まりとされる。

信長が巨大地震を防いでいた!?

 この牛頭天王は「地震神」でもあったと、歴史学者で東京大学史料編纂所名誉教授の保立(ほたて)道久氏が平成24年刊行の近著『歴史のなかの大地動乱』(岩波新書)で主張している。

 祇園祭が始まったとされる前年の貞観10年夏、播磨地震と京都群発地震が起きている。理科年表によると、《播磨(兵庫)・山城(京都南部)マグニチュード7~。播磨諸郡の官舎・諸定額寺(じょうがくじ)の堂塔ことごとく頽(くず)れ倒れた。京都では垣屋に崩れたものがあった。山崎断層の活動によるものか?》。この地震ののち、牛頭天王が広峯神社(兵庫県姫路市)から京都に迎えられ、祇園祭で祭られるようになったのだ。

 さらに、貞観11年5月に東北・三陸沖で起きたマグニチュード8・4とされる貞観地震では、津波により約千人が溺死。その翌年、一昨年の東日本大震災でも大きな被害を受けた清水峯神社(宮城県名取市)にも、同様に広峯神社から牛頭天王が移されたとの伝承が残っているという。

東南に走り神戸の断層帯、増幅…司馬遼太郎「牛頭大王の御札まき縁起…」

「産経WEST」のランキング