産経WEST

淡路島を“アニメの島”に テーマパーク、平成29年開業目指す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


淡路島を“アニメの島”に テーマパーク、平成29年開業目指す

 “くにうみ”の島といわれる淡路島に漫画とアニメのテーマパークを建設する計画がスタートする。兵庫県が同島の北部にある県立淡路島公園(同県淡路市)の活性化策を公募したところ人材派遣大手、パソナグループ(南部靖之代表)の「淡路マンガ・アニメアイランド」計画が選ばれたのだ。人気の日本アニメ、漫画を集めてハイテク映像を駆使したアトラクションなどを展開。大阪市内のユニバーサル・スタジオ・ジャパンと海をはさんで向き合う娯楽ゾーンにしたいと意欲を見せる。経済産業省も期待するクールジャパン“おもてなし”戦略の新たな目玉となるか-。

 同公園は昭和60年に島の丘陵地帯に開園したが来場者は年間約200万人程度にとどまっている。このため県が同公園87ヘクタールのうち4・3ヘクタールを対象に活性化策を公募した。

 「淡路マンガ・アニメアイランド」計画では日本のアニメと漫画をテーマに立体(3D)映像に加え風やにおい、振動まで体感できる5Dシアターをはじめアニメ映画や漫画のミュージカル、演劇などが楽しめるシアター(劇場)、映像が楽しめるレストランなどを建設。幅広く漫画やアニメの原画や関連グッズを集めて展示、販売する。

「産経WEST」のランキング