産経WEST

【大阪から世界を読む】軍拡・韓国の仮想敵国「日本」の可能性も…中韓「反日」で軍事連携のシナリオも想定すべき緊迫状態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪から世界を読む】
軍拡・韓国の仮想敵国「日本」の可能性も…中韓「反日」で軍事連携のシナリオも想定すべき緊迫状態

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領がまたもや慰安婦問題などの歴史認識問題で対日批判を繰り返している。11月2日から9日までの欧州歴訪前に海外メディアのインタビューに答えて、「日本の一部政治家が歴史問題で盛んに過去に逆戻りをする発言をしており遺憾だ」と述べ、日韓首脳会談の必要性をあっさりと否定してみせた。いつも通り、「悪いのは日本だ」という論法だが、その韓国がいつの間にか日本列島のほぼ全域を攻撃できる能力を手中に収めている事実がつい最近、明らかになった。韓国はその気になれば、大阪だって簡単にミサイルで攻撃できるのだ。

(笠原健)

相変わらずの対日批判

 朴大統領は英BBC放送とのインタビューで、日韓関係について慰安婦問題を挙げながら、「『過ちはない』として謝罪する考えもなく、苦痛を受けた人を冒涜(ぼうとく)し続ける状況では(会談をしても)得るものはない」と述べ、首脳会談の開催を否定。また、フランス紙フィガロとの会見でも「欧州統合はドイツが過去の過ちに対し建設的態度を見せたため可能だった」と述べ、関係改善にはまず日本が行動すべきだとの考えを示した。

 朴大統領は2月の就任後、米中などへの外遊時にも首脳会談などで対日批判を行っている。朴大統領が歴史認識問題で国際的な対日包囲網を構築しようとしているのはもはや明白だろう。

対北なら射程500km…日本を狙える1500kmミサイル

「産経WEST」のランキング