産経WEST

【わが社のオキテ】新入社員を家庭訪問する「クックビズ」社長の信念 「人材第一…採用の成功と家庭から」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【わが社のオキテ】
新入社員を家庭訪問する「クックビズ」社長の信念 「人材第一…採用の成功と家庭から」

 家族が仕事を理解してくれれば、残業などで帰りが遅くなっても家庭の雰囲気が悪くなりにくいという。さらに藪ノ社長は「家族に会えば本人のことも分かる」とし、「あらゆる面で相互理解が深まる」と強調。社長が足を使って職場と家庭の環境をよくしているのだ。

残業なしの「正社員」も

 クックビズのユニークな人事の取り組みは家庭訪問だけではない。今年6月には残業をしなくてよい「ワーク・ライフ社員」制度を導入。きっかけは子供を持つパートの女性社員だった。正社員になりたいが保育所は午後7時で閉まってしまう。そこで残業を免除し、早く帰宅できるようにした。

 同社は通常、祝日も出勤だが、ワーク・ライフ社員は休み。それでも無期雇用で賞与も支給され、待遇は正社員とほとんど変わらないという。現在、この制度を利用しているのは1人だが、今後、まだまだ増えそうだ。

 こうした取り組みは社内の結束を高めている。同月、課長クラス以上の社員を集めた幹部合宿を初めて開催。会社の課題、弱みを分析してもらったところ、「食事の時間も惜しんで考えてくれ、心を打たれた」(藪ノ社長)。課長らが経営意識を持ってくれていることに驚いたという。

社員が働きやすい環境を

 「自分たちで仕事を作れることが、ベンチャー企業で働く上でのモチベーションとなる」と藪ノ社長は語る。社長として工夫を凝らした人事制度を整えることで、社員1人1人が働きやすい環境を生み出しているというわけだ。

「産経WEST」のランキング