産経WEST

【西論】政治家よ 国造りのコツ、古事記に学び“天岩戸”を開け 編集委員・安本寿久

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西論】
政治家よ 国造りのコツ、古事記に学び“天岩戸”を開け 編集委員・安本寿久

 体育の日、出雲全日本大学選抜駅伝をテレビで、感慨深く観戦した。大会新記録で優勝した駒沢大のレースぶりに感動しただけではない。「25回目となった大学三大駅伝の一つ」。アナウンサーがそう伝えていたことに、昔のことを思い出したのである。もう四半世紀もたって、大会がそこまで成長したかという感慨だった。

 10月は神無月と呼ばれる。しかし、出雲(島根)に限っては神在月。八百万(やおよろず)の神々が出雲に集まり、全国の縁結びについて相談するという神話に基づく命名だ。

 「この月に、全国選りすぐりの選手たちを集めたスポーツイベントができないものか」

 平成元(1989)年、そう考えて始まったのが同駅伝である。だから地元では「神在月駅伝」と呼ばれる。

 発案者は、その年の4月に出雲市長になったばかりの岩國哲人氏だった。米大手証券メリルリンチ社の副社長から郷里の市長に転じた岩國氏は、財界の人脈をフル活用してスポンサーを集め、就任半年で同駅伝を実現した。

 経済人ならでは、の施策はダイナミックだった。若者が流出するのと流入するのでは、経済効果の上下が大きく違うと言って、大学を誘致した。地場産業の林業を売り出すため、として日本最大の木造ドーム「出雲ドーム」を建設した。樹医制度を創設したのも同じ狙いだった。

 「行政は最大のサービス業

 その観点からショッピングセンターに市のサービスコーナーを設けて土日業務も始めた。「働く市民が利用しやすい行政サービスを」。そう考えれば、当然の措置だが、そうした視点から役所業務を見直す首長は当時、極めて珍しかった。

出雲が発した“2つの太陽”

 地方の旗手、ともてはやされた岩國氏の市政は、2期目の途中、約6年で終わった。岩國氏がより大きな活躍の場を求めて、東京都知事選に出馬したからである。市長就任時、「NYから来た市長」という連載で岩國氏に密着取材していた筆者は当時、有力候補者がいなかった大阪府知事選への出馬を勧めたが、東大卒の岩國氏は東京にこだわり、東上し、そして青島幸男氏に敗れた。

一夫多妻の神、「内はほらほら、外はすぶすぶ」が語るリーダー論

関連トピックス

「産経WEST」のランキング