産経WEST

31年ぶり奇跡の発見!? 小学生が湿地で見つけたものは…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


31年ぶり奇跡の発見!? 小学生が湿地で見つけたものは…

 兵庫県豊岡市城崎町の市立「ハチゴロウの戸島湿地」で、水生昆虫のタガメ1匹(体長約6センチ)が見つかった。タガメは自然環境の悪化で全国的に減少しており、環境省のレッドリストで絶滅危惧種2類に指定されている。豊岡市内では昭和57年に確認されて以来、31年ぶりの発見という。

 タガメは水田やその周辺に生息する肉食昆虫で、オタマジャクシや魚をエサにしている。NPO法人・コウノトリ市民研究所によると、豊岡盆地でタガメの記録は昭和57年に豊岡市内の水銀灯で採集されたが、それ以後の確認記録はないという。

 今回は19日に同施設で開催されたイベントで、参加した小学生2人が湿地で偶然見つけた。小学生はすぐにタガメと気づいたが、近くの大人たちは「(戸島湿地に)タガメがいるはずはない」と、タガメ発見にも半信半疑だったという。

 コウノトリ湿地ネット代表の佐竹節夫さんは「豊岡市内はため池が少ないので、タガメが見つかったことに大変驚いている。31年ぶりの発見は、豊岡市内の環境整備が進んでいる証といえるのでは」としている。

「産経WEST」のランキング