産経WEST

「目標はおじいさん」 喜劇王・藤山寛美さんの孫、扇治郎さんが松竹新喜劇に入団

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「目標はおじいさん」 喜劇王・藤山寛美さんの孫、扇治郎さんが松竹新喜劇に入団

 11月、浪花の喜劇王といわれた祖父、故藤山寛美さんが率いた松竹新喜劇に入団する。

 「おじいさんの当たり役だった、ちょっと抜けてるあほ役から二枚目まで演じられる役者になりたい。遠い目標はおじいさんです」。親しみやすい笑顔に寛美さんの面影が見えた。

 寛美さんの五女の長男。女優の藤山直美さんは伯母にあたる。上方喜劇のサラブレッドだ。しかし、扇治郎さんが3歳のとき、寛美さんが亡くなったため、生の舞台は見ていない。

 子供のころは歌舞伎の舞台を中心に名子役として活躍。関西大学在学中に松竹新喜劇の舞台を見て感激、この道に進む決意を固めた。

 「笑いのなかに人生と人間が深く描かれている。人を思いやる気持ちに泣けた。世の中にはいろんなお芝居があるけれど、僕がやりたいのはこれだと思った」

 今夏、松竹新喜劇の巡業に初めて参加。初日にアドリブを飛ばし、共演の劇団代表、渋谷天外さん(58)を驚かせた。天外さんが扇治郎さんを舞台上で「藤山先生の孫です」と紹介すると、客席がドッとわいた。

「産経WEST」のランキング