産経WEST

「南京大虐殺」撤去へ ピースおおさか改装案 自虐展示ようやく正常化へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「南京大虐殺」撤去へ ピースおおさか改装案 自虐展示ようやく正常化へ

「大阪国際平和センター」(ピースおおさか)の展示室B。旧日本軍の南京攻略後に見つかった中国人の生首とされる写真を展示するなどした「南京大虐殺」のコーナーがあり、自虐史観への批判の声も強かった=大阪市中央区

 「南京大虐殺」の展示をめぐっても、市民団体や府市議らから、当時のデータや証言を踏まえ、「大虐殺はなかったとする研究結果も出てきた」「旧日本軍を悪逆非道な存在と決めつけ、でっち上げや捏造(ねつぞう)がある」などと虚構性を訴える声が上がり、橋下徹前知事(現大阪市長)が平成23年5月、展示のあり方について「府民の意思を反映すべきだ」と指摘。今年度予算でリニューアルの設計委託費1700万円が計上され、同施設は昨年、全面改装の方針を打ち出した。

 今回の基本設計案によると、新しい展示は昭和20(1945)年の大阪空襲を軸に展開。戦時下の大阪の暮らし▽焼け野原になった大阪▽戦後の復興-などのテーマで構成。府市特別顧問で府立大の橋爪紳也特別教授ら有識者ら4人が監修し、10月末に完成させる予定だ。

 これまでの議論では近年の研究結果も踏まえ、「南京大虐殺」関連の展示は子供たちに戦争の悲惨さを伝えるために必ずしも必須ではない-として盛り込まれなかった。

 展示リニューアルは開館以来初めて。展示の変更理由について、運営法人は年間約7万5千人の来館者のうち約6割を小、中学生らが占めており、「大阪を中心に、子供の目線で平和を自分自身の課題として考えてほしい」としている。

 歴史博物館の展示問題に詳しい拓殖大学の藤岡信勝客員教授(教育学)の話「大阪空襲の被害も、日本が世界で加害行為をした結果だというのがこれまでのピースおおさかの展示の論理だった。これは1980年代に歴史教科書に自虐史観が登場したのと歩調を合わせ、一部勢力の影響で全国の博物館に持ち込まれたものだ。今回の展示見直しは、歴史博物館の伝統的な形に戻ったものであり、評価できる」

26億円かけ…「校外学習」小中学生170万人が来館

このニュースの写真

  • 「南京大虐殺」撤去へ ピースおおさか改装案 自虐展示ようやく正常化へ
  • 「南京大虐殺」撤去へ ピースおおさか改装案 自虐展示ようやく正常化へ

「産経WEST」のランキング