産経WEST

【村田雅裕のスポーツ曲論】「韓国排除」が今も本音の米女子ゴルフ界…コリア特有の猛烈育成システムに“危機感”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【村田雅裕のスポーツ曲論】
「韓国排除」が今も本音の米女子ゴルフ界…コリア特有の猛烈育成システムに“危機感”

 今季、米女子ゴルフツアー(LPGA)で韓国人選手の活躍が目立つ。全英オープンを含め、18戦中、8試合で韓国選手が優勝。朴仁妃がクラフトナビスコ、全米女子プロとメジャー2勝した。朴仁妃は2008年に全米オープンを制しているため、全英オープンで優勝すれば「グランドスラム」を達成するところだった。

意味深長な優勝者コメント

 朴仁妃は全英オープンは14位に終わり、グランドスラムは達成できなかったが、優勝した米国人のステーシー・ルイスの「今週は、米国人がスコアボードで注目されたことがとてもうれしい」とのコメントは、意味深長だった。

 韓国女子選手が台頭しはじめていた2008年8月、LPGAは「過去2年間ツアーに参加している外国選手に対して、英会話の口頭試験を実施し、能力が十分でないと場合はツアー資格を剥奪する」という方針を決めた。

 これが人種差別ととらえられた。カリフォルニア州議会がLPGAを人権侵害で告発する動きが起き、LPGAはわずか2週間後に、この方針を撤回した。

 あからさまな韓国女子選手の排除策だ。LPGAがなぜ無謀なことをしようとしたのか。理由は3点ほどある。

人種差別の理由3点…そして英誌も「異質な韓国人」

「産経WEST」のランキング