産経WEST

ダイヤ非公開、幻の“幸せの黄色い電車”ドクターイエローが人気

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ダイヤ非公開、幻の“幸せの黄色い電車”ドクターイエローが人気

 黄色い車体の新幹線設備の点検車両「ドクターイエロー」のダイヤ予測が、インターネット上で白熱している。JRは運行日時を公開していないが「見ると幸せになれる」という噂が広がり、熱心な鉄道ファンが駅などで運行を確認し、独自のダイヤ予測を公開するサイトやブログを多数開設。一方、関連グッズの売れ行きも好調で、厚いベールに包まれた“幻の車両”は、子供から大人まで幅広く人気を呼んでいる。

極秘…JRに問い合わせ殺到

 今月20日、大阪市淀川区のJR新大阪駅の新幹線ホーム。イエローの車両にブルーのラインが入った電車がホームに入ってくると、偶然居合わせた10人ほどの子供たちが歓声を上げ、待ち構えていた鉄道ファンは一斉にカメラのシャッターを切った。

 「縁起物を見られて幸せ。さっそくツイッターに写真と日時を投稿したい」。奈良市の男性会社員(24)は予測サイトで運行情報を知って訪れたといい、「ファンの情報を集めて、いつかドクターイエローのベールを完全にはがしたい」と笑顔で話した。

 ドクターイエローは回送電車などの特例を除けば唯一のダイヤ非公開車両で、JR東海とJR西日本が運行。10日に1回程度、東京-博多間を最高時速270キロで試験走行し、レールのゆがみや電気設備を点検する。正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」だが“電車のお医者さん”という役割と車両の色から愛称がついた。

目撃まとめサイトも登場、「幸せの黄色い車両」予測合戦

「産経WEST」のランキング