産経WEST

安藤忠雄氏「希望の壁」は著作権侵害 設計者が設置差し止めの仮処分申し立て

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


安藤忠雄氏「希望の壁」は著作権侵害 設計者が設置差し止めの仮処分申し立て

 一方、「希望の壁」は、大阪の緑化活動に取り組む安藤氏の発案に、子会社が新梅田シティを管理・運営する積水ハウスが賛同し、計画。庭園北東に、水路に沿って高さ9メートル、長さ78メートルの壁面が設置され、多数のプランターを配置して四季折々の花を楽しめるようにするという。

 今月17日に同社が建設を発表。すでに着工しており、9月末の完成予定。

 申し立て後に記者会見した吉村さんは「壁によって日照条件が悪くなり、庭園の植物は育たなくなる。市民が快適に過ごす権利が侵害される」と主張。一方、積水ハウスは「庭園はすでに大幅にリニューアルしており、吉村氏が著作権を主張する立場にはない」としている。

「産経WEST」のランキング