産経WEST

53億円ですべて売却・解約 兵庫県朝来市の仕組み債問題

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


53億円ですべて売却・解約 兵庫県朝来市の仕組み債問題

 兵庫県朝来市が為替相場に連動して評価額が変動する「仕組み債」などで基金を運用し評価損を出した問題で、同市は14日、保有する額面約57億円の仕組み債などすべてを53億円で売却・解約したと発表した。

 市によると、一時、15億7千万円の評価損を出したこともあったが、これまでに利息計約8億2千万円を受け取っている。市は、売却で約4億4千万円の最終差益が出たこととなるとしており、多次勝昭市長は「一連の取引を損益通算すれば、損失は発生しなかったと理解している」とした。

 仕組み債などを販売した金融機関2社に損害賠償を求めた訴訟は、取り下げの手続きを進めるという。

「産経WEST」のランキング