産経WEST

【新・関西笑談】通天閣のおやゆび姫(1)ミヤコ蝶々の「最後の弟子」 どこでもついて行って勉強した。

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【新・関西笑談】
通天閣のおやゆび姫(1)ミヤコ蝶々の「最後の弟子」 どこでもついて行って勉強した。

 吉野 そうなんです。すごく寂しかった。でも自分には演技をしたり歌ったりする道しかない、と思っていましたから、もう進路は決まっていました。ご縁があって現在のプロダクション(さちこプロ、東京都新宿区)に誘っていただんです。

 --そこから第2章が始まるわけですね

 吉野 そうです。「通天閣のおやゆび姫の冒険」第2章ですね(笑)。

【プロフィル】吉野悦世(よしの・えつよ) 昭和53年大阪市平野区生まれ。女優・演歌歌手。幼少時代から歌に親しみ、ミヤコ蝶々さん(故人)の門下生に。「中座」(大阪)、「南座」(京都)など多数の舞台に出演。18歳で「通天閣のおやゆび姫」としてデビュー。CDに「三つの拍手/だ~い好っきゃねん通天閣」(キングレコード)など。

「産経WEST」のランキング