産経WEST

【関西の議論】消えるキャバレー、消える「昭和」、消える“情”…客を見詰め続けたホステスたちは文化を守った

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
消えるキャバレー、消える「昭和」、消える“情”…客を見詰め続けたホステスたちは文化を守った

 ステージから流れる生バンドの演奏に、まばゆい照明を浴びたドレス姿の女性がダンスフロアを闊歩(かっぽ)する。高度経済成長とともに爆発的に店舗が増え、日本中の繁華街に軒を連ねた大型キャバレー。数々のスターがステージに立ち、夜の街に熱気を吹き込んだ。お手軽なキャバクラ、あっという間に広がったガールズバーが席巻する今、日本の夜を支えてきたキャバレーは“昭和の遺産”になりつつある。今年2月には札幌の大型店が閉店し、現在は東京と大阪などに残るのみだ。(宇都宮想)

ステージはそのまま「昭和の芸能史」

 「昔はすごかったわよ。店に入りきれないくらいのお客さん。一晩で100万円使ってくれる人も珍しくなかったもの」

 大阪市中央区の「ミス大阪」。2フロア300坪と国内最大規模で70年以上の歴史を誇る。約200人のホステスの頂点に立つナンバーワンのユウコさん(仮名)はぽつりとつぶやいた。

 記者(29)が入店したのは平日の午後8時ごろ。客の入りは8割ほどとまずまずだったが、ユウコさんによると「昔に比べたら全然入ってない。以前は満員になる波が毎日2回はあったけど、今は年に1回あるくらいかな」という。

 キャバレーはフランス語で居酒屋を意味し、国内では昭和20年代に東京・銀座に進駐軍向けに第1号店がオープンした。当時では珍しかった生バンドの演奏にのり、ダンスホールで華やかなドレスを着た女性とステップを交わす。戦中戦後の混乱や日頃の労苦を忘れられる“一夜限りの桃源郷”として瞬く間に日本中に広がった。

 単なるアルコールと女性との会話を提供するだけではなく、文化の発信地にもなった。ちあきなおみさんやキム・ヨンジャさん、三田明さん…。数々の歌手がステージで拍手と喝采を浴び、昭和の芸能史を彩るスターとなった。

(次ページ)高度成長期を見つめ…意外?あの大物芸人は上品に飲んでいた

「産経WEST」のランキング