産経WEST

七重塔復元へ基本構想 奈良・東大寺 整備は東塔地区から 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


七重塔復元へ基本構想 奈良・東大寺 整備は東塔地区から 

 奈良市の東大寺は26日、創建当初の伽藍(がらん)復元に向けた整備の基本構想を発表した。比較的発掘調査が進んでいる東塔地区で今後、基壇の整備を進める方針。寺は「将来的には宗教空間にふさわしい環境を取り戻したい」としている。

 寺は平成18年、学識経験者もまじえた整備計画委員会を設置。8世紀の創建当初の主要伽藍について調査するなどし、基本構想にまとめた。

 寺は創建当初、大仏殿を挟んで東西に高さ約100メートルの塔が並び、東塔は七重塔だったとされる。

 東塔跡周辺では、過去の発掘調査で塔の瓦なども多数出土。東塔を囲むように、東西南北に門の基壇があったことも判明している。

 委員会では、こうした当初の姿を復元しやすい東塔地区周辺を優先し、整備に着手する方針。今後さらに詳しく基壇の規模や礎石の配置などを確認し、復元整備を進めていく。

 東塔は創建後、たび重なる兵火などで室町時代の14世紀を最後に焼失。現在は基壇跡だけが残されている。

「産経WEST」のランキング