産経WEST

国際的メディアコンクールで金賞 兵庫県出身の映像作家、藤原次郎さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


国際的メディアコンクールで金賞 兵庫県出身の映像作家、藤原次郎さん

 兵庫県朝来市出身の映像作家、藤原次郎さん(57)=大阪府在住=が、香美町村岡区にある木の文化の博物館「県木の殿堂」を中心に撮影した映像作品「ASceneofArchitecture~ある建築の情景~兵庫県木の殿堂」が、国際的なメディアコンクール「ワールドメディアフェスティバル2013」の広報(建築)部門で金賞を受賞した。

 藤原さんは朝来市和田山町出身で大阪芸術大を卒業、映像制作会社勤務を経て現在、映像作家として活躍している。

 ワールドメディアフェスティバルは、映像やテレビ番組などメディア関連の国際的なコンクール。今年の広報(建築)部門で金賞を受賞した藤原さんの作品は、「四季や気候の変化の中に存在する建築の姿を通して、取り巻く環境と人との関係に気付かせ、共感し共有し、見る人とともにそれらを探っていく」という思いで、平成23年11月~昨年4月に撮影、昨秋完成した。

 ナレーションや説明を省き、世界的な建築家、安藤忠雄氏が設計し、平成6年にオープンした木の殿堂のデザインや内部空間、周辺の山の四季の表情を美しい20分の映像で表現している。

 また、藤原さんが豊岡・城崎の大谿川と温泉街の風情や、灯籠流し、夢花火、円山川や楽々浦の四季などを撮影した風景映像「城崎スケッチ」(16分20秒)が、ワールドメディアフェスティバル2013の広報(観光)部門で銀賞を受賞した。

「産経WEST」のランキング